私たちの活動について


連絡会の発足した背景


 核家族化が進み一人暮らしや共働き世帯が増加し、少子化、高齢化が進む地域社会において、赤ちゃんからお年寄りまで、地域における居場所づくりが求められています。

 高齢者福祉においても、施設サービスから在宅サービスへと変わり、さらには介護保険制度の改正により、要支援1,要支援2の方たちを地域で支える仕組みづくりの必要性はますます高まってきています。同時に、障がい者の地域での居場所づくりや外国人の日常生活を地域でサポートするなど、障がいや国籍をこえた地域づくりが求められています。

 板橋区内においても、地域の交流拠点は少しずつ増え始めています。しかしながら、まだ認知度は低く、地域福祉の担い手として定着している状況にはありません。

 地域の交流拠点1つ1つの点をつなぎ、横の連携をしていくことで、地域福祉の向上に向けて面的な展開へと発展させていく機会が到来しています。


私たちが「地域の交流拠点」を広げていくことで目指すこと 

 ①地域の交流拠点が互いに情報交換し学び合うことで、より持続可能な運営へとサポートすること 

 ②地域の交流拠点の情報を収集・発信することで認知度を高めていくこと

 ③地域の交流拠点と多様な政策とを結びつけることで地域福祉を向上させていくこと

 ④地域の交流拠点が生活圏内にある地域社会を実現することで、孤独な人を生み出さない「地域のセーフテイネット」となり、住民同士が相互に助け合える地域コミュニティの輪を広げていくこと



活動
 

 ①地域の交流拠点の情報収集・情報発信 

 ②地域の交流拠点運営団体の交流促進・勉強会の開催 

 ③コミュニティづくりの担い手育成や交流拠点普及の為のフォーラムや勉強会の開催   

 ④行政や民間との連携による空きスペース(集会所や空き家、空き店舗等)の活用窓口   

 ⑤地域福祉や地域包括ケアシステムに位置づけられるよう政策提言をしていくこと 

 ⑥アウトリーチ機能を果たすために行政・医療介護事業者・福祉団体等の連携促進


地域の交流拠点の地域社会における役割

 

 現在、板橋区において、多種多様な地域の交流拠点がありますが、それぞれに下記の様な役割を地域社会の中で果たしている、もしくは今後果たしていくことが求められていくのではないかと考えます。

 ①地域住民の身近な居場所となり相互に関心を持ち合い支え合う場づくりをすること。

 ②世代や国籍・障がいのあるなしで排除せ談誰にでも開放する社会的包摂の場であること。もしくは、子育て支援、高齢者支援、外国人や’障がい者支援等の専門性のある交流の場であること。 

 ③既存団体が使用するだけでなく、新たなコミュニティや会話を生み出す場であること。

 ④住民のボランタリーな活動を促進し、自らの能力や趣味、潜在能力を発揮できる活躍の場であること=ボランティアのコーディネート機能を持つこと(ミニポラセン機能)。

 ⑤地域課題を発信し、解決へとつなげていくこと。

 ⑥地域で困っている方へ行政やNPO等の公共サービスを適切に届ける窓口機能(アウトリーチ)を果たすこと。


       コミュニティを生み出す地域の交流拠点ネットワーク